年明けの祝いに町が冬らしからぬ熱の高まりを見せる中、
とある屋敷の蔵の中では一人の少女が
白襦袢がはだけて露になった裸身を冷気に晒されながら
必死にもがいていた。

001